教育費ってかかるのよね

目下一番の悩みは子どもたちの教育費。もうすぐ中学3年生と中学1年生。どちらも塾が必須のお年頃。教育産業は親の弱みを握るかのような高額な授業料を請求してきますね。普段の授業料だけなら払えると思って入塾させたら、やれ定期テスト前の特別授業だ、夏期講習にさらにプラスアルファの苦手克服だ、受験直前講座だ、それでもだめなら個別指導も取った方がいいですよときたもんだ。どうやったら子供の学力って伸びるのかしらね。塾に活かせたら上がると思っていたら大間違い。結局は子どものやる気に頼るのみ。うちの子のやる気スイッチってどこにあるんだろう、と探し続けているママさんたちの多いこと多いこと。どこを押してもやる気スイッチではなく、地雷が埋まっていることの方が多い。どうしたらいいのでしょうね。まぁそういう摩擦を避けたいから塾の先生にやる気スイッチを探してもらいたいのだけれど、先生だってなかなか見つけてくれないのよ。あんなに学費を払っているのにね。もうどうにでもなれって気分だけれど、それをしたら親もおしまいよね、と自分に言い聞かせています。子供が中学校に上がるとお母さんの9割はパートに行き始めますね。当然でしょう。だって教育費がかかるんですもの。はっきりいって小さいうちのお稽古事とはお値段が違います。疲れました。ディアフルラン口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です